人気のある記事

最近の投稿

ストーリー

< もしIT社長がカレーをつくったら >

はじまり

「いつでもどこでも美味しいカレーを食べたい」
タカさんの一言にイタリアン シェフ野口が頷いた瞬間、プロジェクトがはじまった。

味の追求

真鯛? 帆立? 神戸牛? ほかには何がありますかね?
世の中にある上質な食材を用いて珠玉のレトルトカレーを追い求める研究所。

開発商品名を『匠カリー』と銘打つが、一つの味に固執はしない。常に何種類かの味をリリース展開するスタイル。

大阪市北浜のイタリアン オーナーシェフの野口は、医療法人で栄養部門の責任者でもある。
素材の特性もしっかりと考慮できるこの男は、本当の質にこだわるこの商品開発において必要不可欠な存在だ。

ICT戦略

決して、美味いだけで完結させてはいけないこのプロジェクト、さらに「どこにでもないものを、どこででも食べられるようにする」ことが落としどころとあって、販売方法や販路の開拓など、I T 企業社長のタカさんのプランにも戦略性が必要とされる。

バラエティに富んだ商材をリリース ⇒ 消費者へのアプローチ機会を拡大 ⇒ 多くのカスタマーレビューの獲得

I C T でこのサイクルを活性化させ、ブランド力を継続的にアップデートさせていくことが狙いだ。
人気商品だけが生き残っていくので、自ずと『匠カリー』の品質も向上する仕組みになっている。

匠への挑戦

因みに、タカさんの会社の企業理念は” 匠への挑戦” である。

詳しいストーリーはこちら

製品情報

1

匠カリー

陸奥湾からやってきたホタテ編

青森県陸奥湾のホタテが西洋風の魚貝出汁と絡み合ってうまみたっぷりのカレーに。

青森から直輸送した生のホタテたちから選りすぐりの大きな貝柱を採用!

高級食材を贅沢に使った珠玉の味は、料理長 野口の匠が光る第一弾作品!是非ご賞味あれ!


ご協力いただきました関係者にお礼

<青森県港湾空港課様>
我々の思いを理解いただき、最高の素材を届けてくださった「青森県庁のスタッフの皆様」。『A!Premium』を通して、理想の商品を作ることができました。本当にありがとうございます。陸奥湾のホタテをしっかりお客様に届けたいと思います。



本製品の取り扱いについてのご注意

匠カリー「陸奥湾からやってきたホタテ編」は、おいしさにこだわり陸奥湾産の大粒のホタテを生の状態で青森県から空輸し、工場に直送。

さらに、職人が一袋に一つずつ丁寧に入れており、細心の注意を払っておりますが、非常にデリケートで型崩れやホグレが起こります。
味には絶対の自信がありますので、どうぞご堪能ください。

また、箱の中に「辛味スパイス(カイエンパウダー)」も入れておりますので辛さの調整にお使いください。入れすぎにはご注意を!

「青森産のホタテと西洋風出汁のコラボレーション」を是非!

ご購入はこちらから

研究所について

組織名
匠カリー研究所
所長
タカさん
料理長
野口典朗
( オルソダイニング 代表取締役 / GIOCARE・オルソ食堂 総料理長)
JSA認定ソムリエ
調理師
デザイナー
クリオカイチロウ
味見人
スギ
クリエイター
DATA

サポーター

応援団長
生駒京子
応援団
しょーへー